MESSAGE
トップメッセージ

ようこそ運動科楽舎のサイトへ

 はじめまして、「運動科楽舎(うんどうかがくしゃ)」代表の朝野裕一(あさのゆういち)と申します。

30年間大学病院に理学療法士として勤務した後、2016年退職をしてこの度この事業を立ち上げることになりました。

 

 少子化・高齢化が進む現在、自分の健康を維持して、できるだけ充実した人生を過ごすことが望まれています。健康とは、身体を含め心理的・社会的な側面でも活動を続けられることが重要と考えられています。とは言え身体の健康は充実人生の基盤です。

 

 既に皆様の多くは、ジムに通ったり、不調な部分をマッサージや施術で改善してもらったり、様々なスポーツイベントなどに参加したりと、それぞれのニーズに沿ったことをやられておられるかもしれません。

 

一方で、中々運動といっても時間がなかったり、億劫だったり、運動に対する苦手意識を持ったりと、踏み込めない方々や、どういう運動が適切なのか良く分からないという気持ちを持ちながら、日々過ごされている方も少なくないと想像しております。さらに、色々なことを学びたいという探究心を持っている方もたくさんおられるのではないでしょうか。

 

 そこで、身体の仕組みを楽しく学びながら、それぞれの方々の日々の状況に沿った形で、日常生活に運動を取り入れていけるように、水先案内(ナビゲート)ができないかと思案し、この事業を立ち上げることにいたしました。

 ヒトの身体運動全般についての知識などを理解しながら、自分で自分の身体のことを管理していける、その上でそれぞれのしたいことを引き続き行っていく、それが健康的な人生を過ごす助けになるのではないかと考えております。

 

 そのような水先案内人(ナビゲーター)になるべく、これから様々な活動を立ち上げていきたいと思っておりますので、どうか皆様のご協力・ご参加をお待ちしております。

 

                      

運動科楽舎 代表 朝野裕一 拝

・エクササイズ・ナビゲーター

・健康経営研究会賛助会員

・北海道大学科学技術コミュニケーション養成講座;CoSTEP;第3期修了生(平成20年3月修了)

・北海道情報大学経営情報学部システム情報学科修了(平成29年3月16日:経営情報学学士取得)

・健康予防管理専門士(平成29年9月15日認定)

・健康マスター・普及認定講師(平成30年7月認定;一般社団法人 日本健康生活推進協会)   

・理学療法士(昭和61年取得;同年3月北海道大学医療技術大学部理学療法学科卒)

 

付記)

1. この事業(=ビジネス)は、いわば一つの社会実験と考えています。現在まだ立ち上げたばかりで、まずはブログでの発信が主になりますが、これから皆さまとともに多くの取り組みを作っていければと考えております。

 

2. 運動科楽の楽は、楽しく・楽になる、の楽です。また一方で、正しく(基礎的・学術的な背景も考慮して)身体運動を理解する機会を提供することも目的になっています。正しくは科(身体運動科学の科)として、楽しくは音楽の楽としてそこから事業者名を運動科楽舎(うんどうかがくしゃ)といたしました。

 

3. 言い換えると、科=Academic(アカデミック)、楽=Entertainment(エンターテインメント)として、身体運動の仕組みを楽しく学びながら実践していくことを目指して、水先案内人(ナビゲーター)としての役割を担えれば、この事業の目的は果たされると考えております。