• 朝野裕一

スクワット、シナジー、二関節筋機能

これまで、

このブログでなんどもスクワットについては、記事を書いてきました。


最近3年前のPodcast番組

「トーキング・エクササイズ」のスクワットシリーズをアップデート

したYouTube番組「身体自由-カラダフリーチャンネル」を作成中。

さらに、

トーキング・エクササイズのバージョン2である、Podcast番組

トーク・オン・エクササイズ」においても、スクワットについて

再々度深く考えてみようという趣旨のコーナーを設けており、

スクワットづいている最近です。


そこで、

このブログでも改めてスクワットについて深掘りをしていこうと思って

います。


キー・ワードとしての、シナジー、二関節筋、協調運動、運動の破綻、

などを挙げて、これらがスクワット動作にどう関係しているのか?

考えていこうと思っています。


誰でもどこでもいつでもできるようなエクササイズの王様である、

「スクワット」。

研究もし尽くされているかと思えば、さにあらず。意外なことに、

あまりアカデミックな研究対象にはなっていないようです。


単なる膝の屈伸運動でしょう、とも言えるのですが、実はそのバリエー

ションは非常に多く、

また、動きの規定を厳密に行うことが難しい動きでもあります。

そこがエクササイズとしての効果を得られるか否かの、分かれ目になる

ような気がしています。


これから、

何回かに分けてじっくりと考察をしていこうと思ったいますので、

久しぶりのブログにお付き合いいただければありがたいです。


ではまた次回に。ごきげんよう。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示