• 朝野裕一

ラジオ体操について考える;その3

今日は、 ラジオ体操第1の終盤の5つ(No.9〜No.13)の運動の解説です。

No.12とNo.13はNo.2とNo.1と同じ動きです。

ですから、

新しい運動は3つになります。

早速見ていきましょう。

まずは、

No.9からです↓

身体を斜め下に曲げた後に胸をそらす運動です。

体幹の屈曲と回旋が混ざった複合運動で、片方ずつ太ももの裏の筋肉=

ハムストリングスを伸ばすストレッチ効果も期待できます。

その後の胸を反らす運動で、胸郭を大きく広げます。

次に、No.10です↓

身体全体を大きく回す運動です。上半身と下半身・体幹と腕の協調的な

運動が求められます。

何より、

この第1の体操の中では、最もダイナミックな動きが必要な部分です。

大きく身体を回しますが、身体全体が回した方へ流されていかないよう な、バランス能力が必要です。

三つ目は、No.11です↓

​​

ジャンプ=跳躍運動が入ります。

両手と両脚を一緒に開いて跳ぶ部分は、まさに協調性を鍛える体操に

なります。

最後に、No.12とNo.13↓

これは最初に書いたように、No.2とNo.1と同じ運動です。

No.12は、すぐ前に跳躍動作を行ったので、つま先立ちや膝曲げの筋力

トレーニング要素を含みつつ、呼吸を徐々に整えていく役割も担って

います。

最後にNo.13は、

深呼吸をしながらリラクセーションを図って、体操が終了します。

動画でご覧になれます↓

YouTube番組「身体自由-カラダフリーチャンネル SP3

次回は、ラジオ体操第1全体を振り返って総括してみたいと思います。

全体の総括は、

音声ですでに配信中ですので、そちらも聴いてみてください↓

Podcast番組「トーク・オン・エクササイズ 053

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また次回に。