• lifewithmind2

運動を科楽するとは?

これから何回かに分けて、「運動を科楽するとは?」に関して、

徒然にお話ししたいと思います。

 科学でなくて何で?といったことも含めて。

まずは、科楽のから。

ちょっと大上段に構えると、

人が生きていく上で、身体を動かすことは、

好き嫌いにかかわらず、どうしてもしなければならないこと。

しかも地球という惑星に暮らす以上は、1Gという力(重力)のもとで、

それにある時は逆らったり、ある時はそれを利用したりして、生活しています。

こんなことは、普段意識することはありませんよね。

 もしこれから本当に人間が火星に移住したら、

 地球の3分の1ほど(もっと正確に言うと約40%くらいかな)の重力がかかるので、

 地球とは違うなぁ、などと重力を意識するかもしれませんが...

何を言いたいかというと、

ヒトの身体を力学的な側面から見ると(あくまで力学的です。誤解のないように)、

物質的な(物体としての)制限/制約を受けているということです。

すなわち、そこには物理学の法則が働きます。

その部分だけを取り出せば、確実に科学で検証できます。

科学で検証できることはできるだけ明らかにしたい。

これが“科楽”のの部分です。

今日もお越しいただきありがとうございました。

本当は週末はお休みしようかと思っていたのですが、

書ける時に書こうと思い立ち、週末ですが少しずつ。

ではまた明日。ごきげんよう。