• 朝野裕一

日常生活に運動を

日常でいかに運動習慣を取り入れるか、私自身の課題でもあります。

昨日に続いてもう少し考えてみようと思います。

運動をするとそのあとはとても気持ちいい。それは分かっているのです。

運動するまでが腰が重たい、

こう感じる人は多いのではないでしょうか。

それでも、日常動く場面は無数にあります。その時に少しでも運動要素

を取り入れよう、昨日の提言でした。

自ら行っていることからご案内してみようかと。

生活習慣病は習慣から始まります。

ですから、習慣づけが大事です。

1週間くらい意識して(ちょっと我慢して)行ってみる、

いや、行ってみようと思うだけでも違います。

忘れることがなく、

思い出したらすぐ行えることを

増やしていきましょう。

今日の例えばは、

高いところのものを扱うとき

洗濯物を干す、棚のものを取るなど

背伸びの仕方を工夫してみましょう。

背伸び=爪先立ちですね。

上の図の左側がオススメです。

できるだけお腹を突き出さずに、

ふくらはぎの筋肉を意識して、

お腹に(おへそのあたりに)も力を入れて、踵をあげてみましょう。

右側はふくらはぎや腹筋に

あまり力が入っていません。

長く保つこともできません。

反動は使わずに、戻すときは特に

ゆっくりと

姿勢を崩さないように意識して

行ってみてください。

バランスにも考慮した

安定した背伸びができると思います。

運動をした後の休息は

気持ちのいいものです。

睡眠も心地よく

できるようになるでしょう。

そのはじめの一歩を

踏み出してみましょう。

七夕だし!?(関係ないか)

今日も読んでいただきありがとうございました。

願いが叶いますように。

ではまた明日。