• 朝野裕一

自転車の効用

高齢者(と言われる)方が自転車に乗っている姿をよく見かけます。

もちろん中高生やグッとやる気満々の姿のスポーティタイプの人たちが

乗っているのも見ますが、意外とお年寄りも多いのかなと感じます。

歳をとられている割によく乗るなぁ危なくないかな?などとどこかで

感じているからでしょうか?

目立って思わず目に留めてしまうような気がします。

ちなみに、

冬の積雪下での自転車乗りは明らかに、お年寄りの方が多いです。

これは本当に危なくて困ったものですが...それはさておき、

当たり前ですが、同じ距離を進むのでエネルギーは同じはず、ならば

歩くより自転車の方が早いし、走るよりは明らかに楽そうです。

よく考えると、自転車はそもそも歩いたり走ったりするより効率的

だから発明(?)されたものなのでしょう。きっと。

けれどもフィットネス的な観点からすると、自転車エルゴメーター、

バイクエクササイズは立派なトレーニングで決して楽には感じません。

消費エネルギー、仕事量では同じでも、時間的な効率は自転車の方が、

歩いたり走ったりするよりも圧倒的に有利。すなわち仕事率=パワーは

優れています。

身体の運動消費からすると、同じ距離を移動すると仮定すれば、

走る>歩く>自転車>自動車、

となるのでしょうかね。パワーの一部は自転車のギアに託されて、

脚の消費は少ない?もちろん自動車となれば、アクセル、ブレーキ、

(クラッチ;を今でも私は使いますが)を踏むだけの運動です。

買い物に歩いて行こうかと思うところをついつい自転車?

いや、でも今日は暑いし、車で行くか!となるのも運動消費を避ける

ためですね、明らかに。

逆にこう考えて見ることもできます。同じ時間であれば自転車の方が

歩くよりも多くの運動エネルギーを消費できる、とも。

それだけ遠くに行ける。

街中で自転車に乗る高齢の方々を見て、そんなことを感じた日でした。

それにしても暑いなぁ旭川。

今日もお越しいただきありがとうございました。

ではまた明日お会いしましょう!夏バテ、熱中症にご注意を!