• 朝野裕一

運動発達における認知的学習

子どもの運動発達について続けます。今回は、認知的学習について。

あくまで、運動スキルの習得と体力向上がメインの目的ですが、認知

・情緒面での学習・発達も背景として重要な役割を果たしています。

★(著作者:{studiobeerhorst}-bbmarie)

認知的学習とは、考えたり、推論したり、行為したりする能力の徐々に

進む変化のことを言います。

主に次の二つ、概念の学習知覚ー運動学習に分けられます。

概念の学習はさらに、いくつかの要素に分けられます。 それは、

スキルについての知識身体の動かし方についての知識動き方につい

ての知識体力についての知識、そして他の教科における概念です。

知覚ー運動学習も、空間的世界時間的世界に分けられ、さらに、空間

的世界は、身体意識(身体的な気づき)、空間意識(空間的な気づき)

方向意識(方向的な気づき)に、

時間的世界は、動きの同調性リズム連続性に分けられます。

ここまで書いてきて、これは必ずしも子どもの(運動)発達の場面だけ

ではなく、大人の運動学習に対しても成立しそうだと思えてきました。

★(著作者:snowpeak)

さて、次回からもう少し運動発達における認知的側面について述べたい

と思います。今日も読んでいただきありがとうございました。

ではまた明日、ごきげんよう。

(参考/引用図書:「幼少年期の体育 発達的視点からのアプローチ」

デビッド・L・ガラヒュー 著、杉本隆 監訳、大修館書店、1999年)