• 朝野裕一

何事も考え方次第⁉︎

昨日は、旭川ハーフマラソン大会がありました。

前日深夜まで、雨が降っていたのですか、当日朝は快晴で昼前には

24℃と結構暑くなりました。 結果は、10月27日(金)午前10時配信の Podcast 番組

トーキング・エクササイズ

をお聴きください。

会場までの交通が混みそうだし、駐車場が満杯になりそうだったので、

運動がてら自転車で🚴会場まで。

その前日のこと。自転車のタイヤの空気圧が低く、うまく空気を入れら

れず、仕方なく自転車屋さんへ。近くの老舗の店が休業日だったので、

15分位かけて、別の店へと 🚵 それにしても重い!

何とか自転車屋さんに着きました。

-空気の入れ方がよくわからなくてこのチューブちょっと複雑で...-

「入れ方教えるのに300円かかりますけど」

-えー!!(金取るんだー)-

-(まぁ仕方ない、時間をお金で買うと思って)いいですよ。-

「これはこうするんです。300円いただきます。」

-(それだけで...)-

「あぁ、このチューブしばらく空気入れてなかったからずれてしまって

ますねぇ。先が斜めになってるでしょ。本当は、中開けてずらしたほう

がいいんですけどね〜。」

-あぁ、そうですね、直してもらえるんですか?-

「うちではやってないんですよー」

-(えっ、えー!!別に難しい技じゃないだろー、何でしないの?)-

-(まぁ、いいや。さっさと空気を入れて)-

「この3の目盛まで(空気圧を)入れるとちょうどいいですよ。」

-わかりました、3ですね。(シコシコ、もうちょっとで3だな)-

と思った瞬間!シュッー、タイヤがフニャ〜ン?!

「あぁ、パンクしましたねぇ。チューブがずれてたからねぇ。」

-(だから直せないのかって、言ったんだよなー)-

-(気を取り直し)直せますか?-

「あぁー、今3台たまってるんですよねーすぐには...」

-どのくらいかかりますか?-

「う〜ん、3台あるから...」

同じやり取りを重ねて、

「25分くらいですかねぇ。」

-(う〜ん、微妙な時間だなぁ。まぁ仕方ないか、待つか)-

待つこと15分から20分(ちょうど女性の店員が現れて修理を担当)。

考えました。全くついてないな。せっかく空気入れたらパンクかよ。

さらに考えました。でもこれってもしかしたら超ラッキーだったかも?

だって、帰る途中でパンクしたら、悲惨だよなー。明日の朝マラソン

会場に行くときにパンクしたらもっと悲惨!

うん、これは実は超ラッキー!!

修理が無事終わり、

「2,950円ですぅ」-(高っ!と思いつつラッキー代金と思うことに)-

帰りの自転車の軽いこと軽いこと、こんなに空気圧が関係していたと、

今更ながら気付きながら、超ラッキーな日を過ごしましたとさ。

ものは考えよう、ということを思った日でした。長々失礼しました。

今日も読んでいただきありがとうございました。明日は「驚く人」で

お会いしましょう。

12回の閲覧