• 朝野裕一

喜ぶ人/身体

人には喜怒哀楽があると書きました。そしてそれを顔の表情や身体の

動きで表出します。

驚きに続いて、喜怒哀楽の順番に、その身体表出を見ていきましょう。

今日は喜ぶ人/身体から始めます。

表情としては容易に想像がつきますが、笑顔になることが多いですね。

顔面には多くの筋肉が存在しており、中でも表情に関係するいわゆる

表情筋だけでも20種類位ある と言われています(深層の筋を含む)。

それ以外に、咀嚼(噛むこと)に使う筋が顔面には付いています。

表情に表す以外にも、人は身体を色々使って喜びを表現します。

両手を頬に当てる仕草は、喜びの驚きといったところです↓

もう少し喜びを表すとどうなるか? ガッツポーズなんかその典型です。

顔はむしろしかめて顔全体で喜びを表すという感じですね。

ガッツポーズも実は色々で、こんな形もあります↓

肩を少し挙げて外に回旋(外旋と言います)し肘を曲げて、手は

グッーと握っている、この時おそらく肩甲骨は内側に留まり、胸椎は

伸展方向に動いている、いわば胸を張る動作に近い動きです。

同じような身体部位の動きですが、手を握らずにちょっと驚きの要素が

入るとこうなります↓

また、片手でのカッツポーズもありますね↓

拳を突き上げるっていうやつです。 この間の驚く人のラッキー!を表す

ポーズと同じです。

喜びも大きくなると身体の動きもだんだん派手になっていきます。

よくあるのが、バンザイ!をする動作です。

肩が挙がりづらいとどうなるんだろう?喜びを表す身体動作も控えめに

なるのでしょうかね?

十分に身体の関節が柔らかく、活動性も保たれていれば、バンザイに

さらにジャンプが加わります。

女性のジャンプは、こういうパターンが結構多いかもしれません↓

何と言っても顔の表情が大事ですが

それだけでも十分ですが、できれば喜びは時には目一杯身体で表すこと

もできるようにしていたいですね。

今日も読んでいただきありがとうございました。明日は喜怒哀楽の怒、

怒る人/身体でお会いしましょう。