• 朝野裕一

踊る人/身体

楽しんで身体を心置き無く動かすのは何と言っても踊りでしょう。

今日は踊る人/身体を見ていきます。

踊りの歴史はそれはそれは古いものと想像ができます。

特に狩猟社会から農耕社会に至るまで、獲物の動物を狩ることができた

時の感謝の踊り、農作物の豊作を感謝する時、凶作から脱するための祈

りの踊りなどなど。どちらかというと原始宗教的な儀式としての踊りが

昔からあったとは伝え聞きます。

そして儀式的踊りから、お祭り的踊りなど、多くの人が踊る機会を得て

きたと思います(歴史をしっかり勉強したわけではないのでかなり推測

の入った話になっていることをお断りしておきます)。

何れにしても踊りは躍動的でエモーショナルな発現として捉えることが

できます。そしてみんなで踊る形が一つの定番です。盆踊りあり。

ディスコダンスありですね-古い!?

ある程度皆で揃って踊る、という踊り方が一つの踊り方である一方、

一人あるいは数人が皆の前で踊る、それを鑑賞するという芸術的な踊り

もあります。バレエなどはその典型です。

バレエはバレエ・ピラティス といって身体の動きをバレエ特有の動きに

仕上げていくためのいわばトレーニングを行う人もいます。

※元々はピラティスと言って、ドイツの従軍看護師のピラティスさんが

開発した、兵士へのエクササイズ(リハビリを含む)ですが、バレエ

に応用したバレエ・ピラティスというものも存在しています※

前にも書いたと思いますが、踊る動作/動きは重心の位置をしっかり

コントロールするための体幹の安定性の上に、手足の自由な動きが保証

されています。これはどんな踊りも変わりないと思います。

日本舞踊や能の舞いなどは、一見激しい動きではありませんが、重心

の位置が無駄に上下動することなく見事にコントロールされています。

さて、見せる踊りかつスポーツ的な踊りとして、二人で踊る社交ダンス

というのもありますね。これは一人で踊るのとまた違って、二人の息が

合っていないとダメなので、難しいですね。

何か取りとめなくなってしまいました。もう少しちゃんと踊りの歴史を

勉強しておきますね。

とにかく、

ヒトは身体を動かすことで何かを表現したり、感情を外に発したりする

ことができるということです。

そのためには、

柔軟性とバランス能力、そのための筋出力とスキルなどが揃っていなけ

ればなりません。そして何より、踊っている人も見ている人も楽しくな

ければなりませんね。

今日はこのくらいにしてまた明日。

読んでいただきありがとうございました。ごきげんよう。