• 朝野裕一

眠る人/身体2

眠る時は大抵ヒトは仰向けの姿勢を取ります。でも、元々は四足動物

(爬虫類や哺乳類)から進化したのが人類なので、うつ伏せの方が、

理にかなっているという意見を何処かで聞いたことがあります。

確かに言われてみればそうかもしれないなぁと、しかも人は昼寝や、

うたた寝などで色々な姿勢で眠ることがありますね。

一晩で数回以上寝返りもします。

そんな人の眠る姿勢を見ていきましょう。

夜布団の中で仰向けになって眠る、

これが定番の眠る姿勢ですね。

でも家の布団で眠るとは限りません、こんな落ち葉布団で眠ることも?

でも寝返りはするし、横になって眠ることもあります。

もちろんうつ伏せでも、

思わずうたた寝で座ったまま眠る場合もあります。

徹夜で思わず椅子で眠る場合も、

でも気をつけないと、起きた時に身体のあちこちが固くて痛くてとなり

かねません 。やはり布団の中で眠るのがベストでしょう。

ソファで眠ってしまっても腰が痛くなったりします。細かく言えば、

布団の硬さや枕の形状なども熟睡するためには、考慮しなければなら

ないかもしれません。

一晩に人は何回も寝返りをすると言われています。そのことで、結果的

に床ずれ(褥瘡:じょくそうと言います)を防げています。

また、自分の力で動くことができない人は、褥瘡を予防するために

体位変換をしてもらわなければなりません。だいたい2時間ごと

(4時間以内)に仰向けから横向き、横向きからうつ伏せに近い姿勢

(半伏臥位:はんふくがい)あるいは再び仰向け、そこから今度は反対

の横向きなど。

同じ姿勢を続けていると(全く動かない場合)、布団などに圧迫されて

いる部分の血流が悪くなり、いわゆる床ずれを起こしてしまいます。

寝返りが必要と言っても、あんまり寝相(ねぞう)が良くないのも身体

に負担がかかるかもしれませんね。

話は変わって、

四足動物の哺乳類でもこんな姿勢で眠ることがあるんですね。

コアラなんか木の上で丸まって眠っています。

だからといってヒトもこんなところで!?眠ってはいけません。

こんなところでも、

寝返りした途端に落ちてしまいますから要注意!!

これだって危ない危ない!↓

眠る場所ではありませんね。

眠る時は場所や環境(寝具や照明などを含めた)、時間や姿勢などに

気をつけてくださいね。

さすがに、このまま眠る人はいないだろうなぁ?!

今日も読んでいただきありがとうございました。今日もアップがちょっ

と遅れました。ではまた明日、ごきげんよう。