• 朝野裕一

色々な座り方/立ち方

色々な椅子とともに、そもそも同じ椅子でも色々な座り方があります。

それによって立ち方も当然変わってきます。

研究などで行う座り方は、むしろ日常生活ではあまり見られません。

座り方は椅子の形状によっても、その時の気分によっても、さらに、

その人の姿勢(立っている時を含めた)などによって変わってきます。

なので、それに伴って立ち方も変わります。

ソファでゆったりと読書をしている時などは、足もソファに上げて

座っています。 立つときは、その足を一旦下に降ろしてから行います。

疲れて背もたれにもたれて座っているときは、上半身(上部体幹)を、

一旦起こしてから(その勢いで/一度止まってから)立つでしょう。

先ほど言った研究などの座り方/座る姿勢(座位)は、その一部を

再現性のある形で(研究なので)取り出した姿勢と立ち方になります。

その上で、

椅子の高さや足の置く位置、立つ速度などに変化をつけて、解析/分析

する訳ですが、その時の姿勢は真っ直ぐにして(直立位で)行います。

でも多くの方(多くの場合)は、そのような姿勢では座っていません。

気分が落ち込んだ時には、上半身を深く曲げてうなだれているので、

そこからサッ!と立つことはないでしょう。物理的にはすでに上半身を

折り曲げているので、立ちやすいはずですがそうはいきませんね。

★(著者:Taicker)

浅い座りの場合も、足を身体に寄せれば非常に立ちやすくなります。

もちろん椅子の高さにも影響は受けますが。

椅子の高さは、低いよりは高い方が一般的には立ちやすいことになり

ます。しかし、これもその人の身長や脚の長さによって異なります。

脚の位置は、前後に(身体より遠くに/近くに)以外にも横に広げる

(いわゆるガニ股)とか足をピタッと寄せる場合もあるでしょう。

比較的ガニ股状態での座り方/立ち方は、日常でよく目にするのでは

ないでしょうか。列車や飛行機、バスなどの座席で、不当に!?

足を広げてスペースを取る人がいますよね。あれって立つ時楽だから?

力士や妊婦さんのようにお腹が大きい人は、お腹が邪魔あるいは保護

するために、自然とガニ股状態になりやすいですね。立つ時にもお腹

に必要以上の圧迫が掛からないで、立つことができます。

二日酔いで?こんな人も中にはいるでしょう。

こうなるともう自分一人では起き上がれないかもしれません。

他人が起こして上げて、立つのも介助が必要になるかもしれません。

そんな状態にならぬよう気をつけましょう!

究極の椅子は、エアー・チェア=空気椅子!でしょうか。

★(著者:Curtis MacNewton)

座り方も千差万別というお話でした。明日は座る人のそもそもの姿勢

(立つ姿勢含めて)についての予定です。

今日も読んでいただきありがとうございました。ごきげんよう。