• 朝野裕一

座る人/座り方 総括

ここまで色々な座り方や座る人を見てきました。

ここで総括してみましょう。

<座り方/立ち上がり方は様々な条件で変わってくる>

単純に座ると言っても色々で、ここでは主に椅子に座ることを考えてき

ました。

ー椅子自体ー

当然椅子の形状などの条件が、座り方をある程度まで規定します。

椅子の条件とは? これも色々ありますね。

●椅子の高さ・・・ 相対的に低い椅子ほど立つのに苦労します。

低い椅子は、重心をより上へ移動しなければならないので、その分

仕事量が増えます。

=ここでちょっとおさらい=

(椅子からの)立ち上がり動作は、物理学的に重心を前に・上に移動

する仕事をしています。

では、

椅子の高さが高ければ高いほど立ちやすいか?概ね YES なのですが、

高すぎて足が床に付かずに浮いていると、まず足をつける動作が一旦

入ります。場合によってはバランスを崩すこともあるかもしれません。

でも、

高い(値段じゃありませんよ、念のため)椅子ほど、立ちやすいと

言えるでしょう。

●椅子の形状・・・背もたれの有る無し、肘掛けの有る無しによって、

それを使う使わないが決まり、背もたれが有る方がより安楽に、

肘掛けが有る方が(それを使う;手を使う)立ち上がりやすい、

と言えます。

中には、背もたれやデザインによっては、安楽すぎるために、立つ時

は余計な仕事を要するということもあります。

ー足を置く位置ー

足をどこに置いているか;身体に近いのか・遠いのか?によって、

立ちやすさは変わります。

●足が比較的近い場合・・・重心を前に移動する距離が縮まるので、

その分立ちやすくなります。

●足が比較的遠くにある場合・・・近い場合の逆で、重心をより前に

移動させなければならない分、仕事が増えて立ち難くなってきます。

ちなみに、

足をどこに置くかはもちろんその人次第なのですが、椅子の形状や

周りの環境などによって、変わってくることもあります。

ー立ち上がるスピード(速度)ー

その時々で、急いで立つあるいはゆっくりと立つ、といった違いがあり

ますね。これは状況・その人の身体能力にも関係してきます。

●急いで立つ場合・・・例えば、何か用事を足している時に突然電話が

鳴って、急いで立ち上がる時などがあります。

この場合、

重心の前への移動をできるだけ短く小さくして、上への移動を速く

行う動きになります。

下肢や体幹の筋力が極端に弱い人などは、速く立たないと立ち上がれ

ないこともあります。

=ここでちょっとおさらい=

立ち上がり動作を一つの物理的な仕事とみなしたとき、

仕事率(1秒間に行う仕事の量;仕事の効率)動く速度×動かす

となります。この場合の力は主に筋力とみなします。

まだ続きますが、今日はこのくらいにして、ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

また明日お会いしましょう。

25回の閲覧