• 朝野裕一

座り方/立ち方 総括

引き続き、座り方とその後の立ち方に関する総括を。

<座り方/立ち上がり方は様々な状況によって変わってくる>

(椅子の場合)

ー座っている人の姿勢ー

座り方は、椅子の条件以外にもその人の座り方次第で変わってきます。

●座っている人の気分・・・落ち込んでいる時、リラックスしている時

、緊張している時などなど、あらゆる場面で人はその姿勢(座ること

も含めて)が変化します。

気分の落ち込んでいる時は、うなだれて上体全体を屈め、前に倒す姿勢

が典型的です。

リラックスしている時は、背もたれ(があれば)に寄りかかり、骨盤は

比較的後ろに傾いているでしょう。

緊張している時は、体をまっすぐにして(骨盤も比較的立って)、

正面を見据える姿勢になるでしょう。背もたれにはもたれません。

=ここでちょっとおさらい=

骨盤が立っている寝ている、前に傾く後ろに傾くとはどういう状態

でしょうか?

この図の左側が、骨盤が比較的立っている状態(前傾)、

右側が、骨盤が寝ている状態(後傾)です。

●その人が置かれている状況・・・何かを意識的に行なっている時、

周囲の状況によって人の姿勢は変わります。

例えば本やスマホなどを、一心不乱に読んで/見ている時などは、下を

向いた比較的前のめりの姿勢が想像されます。ちょっと背中が丸まった

姿勢になりやすいですね。

また、

礼儀正しくする/しなければならない時、先ほどの緊張した時と同じ

ような姿勢を取るでしょう。

置かれている状況と、その時の人の気分は、お互いに関連しているとも

言えますね。だから、姿勢の変化にどちらも相互に関係してきます。

●元々のその人の姿勢・・・によって座り方は自ずと変わります。

背筋が伸びた、いわゆる良い姿勢の人は立っている時同様、あまり

極端に背中を丸めた姿勢では座らないかもしれません。もちろん、

先ほどのように気分や状況次第で変えることができます。もし身体を曲

げる動きに制限がなければですが。

一方で、背中が丸まってしまい、伸ばす動きに制限が生じている人は、

どうしても上の右側のような座り方になってしまいます。

<座り方と立ち上がり方は初期の姿勢以外に立つ速さ、立った後の状況

によっても変わってくる>

ここまで座り方(が立ち方に影響を与えること)について、それに関係

する条件を挙げてきました。

他にも立ち上がり方に影響を与える要因として、立つ時のスピード、

立った後(何をするかしないのか)の状況が挙げられます。

これはややこしくて、立つ速度はその必要性が何かあってのことなので

ここも相互に関連してきます。いわば入れ子状態になっています。

●立つ速度・・・これは前回既に述べたのですが、なぜ急いで立たねば

ならないか?それは立った後の用件次第でもあります。

電話が鳴って急いで立つ、前回も書きました。日常生活ではいくらでも

急いで立つ場面がありそうです。何かをしていて湯が沸いて火を止めに

とか、家で転んで泣いている子どもを見に、とか。

逆にゆっくりと立つ場合も、お年寄りでそもそも速く立てない人、

時間に(心にも)余裕があって、急いで立つ必要がない、など。

急いで立つ時は、立った後その姿勢をしばらく保つ余裕などありません

から、すぐさま歩き出す(走り出すこともある)でしょう。

ゆっくりと立つ時は、立った後少しその姿勢を保持する時間があるかも

しれません。

●立った後の条件・・・これはもう速度のことと完全に入れ子状です。

座っているところから人が立つのは、その後に何か用事が控えている

からでしょう。

用事といっても色々で、大した用事がなくとも座りっぱなしではいない

でしょうから。

その用事が緊急を要すれば急いで立つし、特に急ぐ必要がなければ、

ゆっくりと(マイペースで)立つでしょう。

<座り方/立ち上がり方は複層的な条件によって様々な様相を呈する>

結論として人の座り方は、

●椅子の形状によって影響される

●人の気分によっても影響される

●置かれた状況によっても変わる

●元々の姿勢によって変わる

立ち上がり方は、

●立つ前の座り方(姿勢)に影響を受ける

ということは、

●気分によっても影響されるし

●置かれた状況によっても変わるし

●元々の姿勢によって変わります

さらに、人が置かれた状況が、

●座り方に影響を与え

●立ち上がり方にも影響を与えます

それはその時の気分とも関係します

ということで、

互いの条件が複層的に影響を与え合って、座り方と立ち上がり方を決め

ていることになります。

そして、

人はそれらを状況に応じて自由に選択できる時、自由度を持つ時、

いわゆる正常な運動/動作を行うことができるということになります。

何らかの障がい的なものを持っている方ほど、その自由度が制限され、

ある決まったパターン化した動きしかできなくなります。

また、

立ち上がり動作の過程は、その後の立った状態のバランス(立位を

保つ;静的バランス、立ってから次に動く;動的バランスなど)

を想定して、あらかじめ次の姿勢や動作の準備をする(予測制御的に)

必要があるだろうということです。

運動指導に携わる人はその点をよく鑑みて、相手に適切な一連の目的を

持った動き(動作;仕事=task )として、立ち上がり動作の練習を

する必要があるでしょう。

何か言葉足らずで、まだまだまとめて整理しなければならないのですが

一旦座り方についてはこのくらいにします。何気なく考えていた座る/

立つ動作が、考えるほどに奥が深いことに気づかされました。

今日も読んでいただきありがとうございました。ではまた明日。

13回の閲覧