• 朝野裕一

歩く人

人は移動するために歩きます。

歩くとき、歩き始めるとき、歩いているとき重心がどう動いているのか?

重心と床(地面)反力の関係など、色々難しいこともあります。

あまりややこしくない程度に、面白さを見ていきたいなと思います。

重心ってそもそも何だろうか?

となりますね。まずは、身体の重みの中心部分と考えてください。

支持基底面、静的バランスについてはすでにお話ししました。

(重心は固定といってもわずかに・微妙に常に動いています)

床(地面)反力ってなんですか?

人が床や地面に立っている時には、重みが床や地面にかかっています。

それに対して、床(地面から)反作用としての力を受けています。

感じるのは、立っているときは 足裏になります。力学的にはその中心

を足圧中心と言います。

面倒臭いお話はこれくらいにして、

まずは歩き始めるときのことを考えてみましょう。

例えば左足から歩を進めるとしましょう。このときの重心の動きはどう

なるでしょうか?

左足を振り出す(浮かせる)んだから、当然右へ重心を移すでしょう。

その通りです。

では、そのとき重みは右へ移動していく。それもその通りなのですが、

重みを感じる足裏は地面から反力を受けます。

ではその足圧(中心)はどうなるかというと、上図のように右側へ重心

を移動する瞬間(一瞬前)に、一度左に重みをかけてその勢いて重心が

右に移動するとう現象が起きています。足裏でそれを感じることは普段

はないでしょうが、体重計などを二つ用意して左右それぞれの上に乗り

その数字をよーーく見ているとわかります。

上から見た図を上に示しましたが、わかりづらいですね。

この図ではどうでしょうか?↑

感覚的にいうと、左の地面を一回押してその反動(反力)で右側に

重心を移動させているということなんです。これまた面倒臭い話ですが

これと同じようなことが、歩き始めにも起きています。

左足を振り出すときはこうです↓

一瞬左側の地面を押した後に重心が右へ移動し、左足が浮いて前に振り

出されます 。

前後の動きも含まれるのですが、よりややこしくなるのでまずは左右

のみの話にとどめます。

何気なく歩いている私たちですが、実はこんな微妙な現象が起きている

んです。

人はそうして色々なところを、色々な形で歩きます。どこでも歩いて

行きます。

砂丘の上でも、

森の中でも、

今日は少しお勉強的になったので、このくらいにしてまた明日に続けま

しょう。ここまで読んでいただきありがとうございました。

また明日お会いしましょう。