• 朝野裕一

リセット

正月三が日も過ぎ、そろそろ身も心もリセットでしょうか。

思えば三・3という数字はよく使われますね。

三日坊主とか三日三晩、三種の神器、三者三様、三々五々(五が入る

けど)、三大・三代ナントカ、ナントカトリオ、トリオザナントカ、

トリアンナーレ、ビッグスリー...

三が日も

三日も休めばそろそろ・・・

ということでしょうか。

おせち料理などで満腹の中、特に動くこともなく過ごしてきた方には

身体と頭(脳)のリセットがオススメです。

身体を動かすこと自体が脳への刺激となり頭もスッキリ、といきたい

ところです。

何も筋トレを一生懸命しましょうと言っているのではなく、

もちろんやっても全然構いませんが

身体を昨日までより少し動かしてみるから始めてみてはいかがでしょう

身体を動かすのは脳からの指令ですから、頭のリセット&リフレッシュ

になると思います。

そんなに難しくなくて結構です。

身体を捻ってみる、身体を曲げたり伸ばしたり、膝の屈伸をしてみる

硬い筋を伸ばしてみる=ストレッチ

背伸びをしてみる、何でもいいのではないでしょうか。

三が日で動かしていなかった運動をチョコっと思い出しながら

やってみる。

そうすると、頭でも何か今年はこうしてみるかとか、考えが一緒に

浮かんでくることがあります。

逆に、頭の中をリセットあるいはリフレッシュさせようとすると、

自然と身体もチョッと動かそうかなとあまり意識せずにできるような

気がします。

試しにやってみてください。

身体から頭からどちらでも結構ですので・・・

身体を動かすは、脳の指令なしではできません。

身体を動かすことで赤ちゃんは周りの環境と自分の身体を認知し、

徐々に脳を発達させていきます。

これが運動発達なのですが、

何も身体の運動が発達するだけではなく、認知機能やその他の機能も

一緒に発達していくわけです。

認知症に運動が勧められるのも 、

身体運動と脳の機能が切っても切れない関係だからでしょう。

そういうわけで今年も身体運動のことを様々な視点から考えていこうと

思っています。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。