• 朝野裕一

小学生に“カラダが動く”を教えてみよう:9

今日はねー、できるだけ遠くに跳ぶことを試してみようね。

遠くって言っても前に跳ぶっていうことだよね。

まずは、

つま先でチョコンと前に跳んでみようか。

チョン、チョン、チョンとね。

そうそう。

じゃぁ今度は何本か線を引いて(テープなどを貼ってもよし)、

そこを跳び越えて前に跳んでみよう

(大体 30−50cmくらいの間隔で3〜5本くらい)

ピョン、ピョン、ピョン!

みんな上手だねーその調子。

じゃぁ今度はもっと離れて線を引いていよう。

(テープなどで1m間隔を2、3本)

さぁ、今度はどこまで遠くに跳べるか試してみよう!

ピョーーン、ピョー〜ん!!

おぉ、腕を振ってる子もいるねー

勢いをつけてその場からー。

誰が一番遠くに跳べるかなぁ?

あぁ、惜しい!転んじゃったね。

ドンマイドンマイ。

ナイスチャレンジ!

よーし、

今日はこのくらいにしましょう。

今度はちょっと高い所から跳び降りるだよー。じゃぁまたねー。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。また明日。