• 朝野裕一

下肢三兄弟は仲がいい?!

スクワットのところでも、以前のブログ「下肢を鍛える」でも、

何度もお話ししてきた下肢の役割。

下肢の主だった関節は、

股関節、膝関節、足関節(距腿関節)の三つです。

これらが連動して動いている時には、身体の運動、重心の移動などが

滑らかに安定して行えます。

いわば下肢の三兄弟が仲良く連携してくれればいいのですが、

実際の兄弟はしばしばケンカもし、誰かがサボったりもします。

スクワットのシリーズでも言及した、連動性。

各関節が連動して動くことの必要性について、もう少し

考えてみましょう。

それぞれ下肢の主要三関節にも特徴と役割があります。

実際の兄弟と同じですね。

一番身体の中心に近い股関節は、動きも作りも大きく長兄に

ふさわしいでしょう。

地面に直接接する一番遠くにある足関節は、末弟。

その間で色々な調節をせざるを得ないのが膝関節。

と考えてみると面白そうです。

もう一つここでは、

各関節の構造を作りとして、機能を役割として考えていきます。

これらを合わせて、

各々の特徴=キャラクターを次回以降見ていこうと思います。

果たして誰がどんなキャラでカラダの動きというパフォーマンスを

演じているのか?

そう考えるとちょっと楽しいかもしれませんね。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。また明日。