• 朝野裕一

スクワット動作 疲労と連動性:その一

スクワット動作の連動性を探るシリーズの第二弾です。

今日は疲労との関係を見てみようと思います。

疲労させる=限りなく続けてみるということになりますね。

そこで、1秒完結の速度で連続500回に挑戦してみました。

と言っても私がやったのではなく、木津氏にやらせました、いや

やって頂きました、か。

まずはご覧ください。

途中は早回しで端折っています↓

どうでしょうか、そんなにゆっくりではないので、速度的にも余裕が

あるわけではないところへ持ってきて、連続500回ですから、

これはもう かなり疲れるはず。

疲労は下肢の筋肉に著明に現れるはずなので、そうなると・・・

やはりというか、

下肢の連動性が崩れ、曲げ伸ばしの角度やら、一定の速度やら、

バランスやらが保てなくなってきます。勿論!顎も上がってきます。

疲労、特に動作を行うための筋肉の疲労が、その動きの連動性を破綻

させる因子になっていることがわかると思います。

次回もうちょっと画像を比較してみてみましょう。

今日も読んで(観て)頂き、ありがとうございました。また明日。