• 朝野裕一

スクワット;ゆっくりvs.1秒完結

左が、6秒間かけて一連のスクワット動作を完結する(3秒で沈み、

3秒で戻る)パターン。

右が、1秒完結のパターン。

時間を1秒完結に合わせて編集しています。

大きな違いはないようですが、

右のほうが若干リズムと連動した動きが崩れがちなのが分かります。