• 朝野裕一

日常の姿勢〜気をつけること:その二

日常生活での姿勢で気をつけることの第二弾は、回旋、カラダを回す

ことです。

特に、股関節を抜いた上半身(骨盤から上の部分)についての回旋を

考えてみましょう。

前にも何回か書いたのですが、ここの部分の回旋運動は、主に胸椎で

行われています。

何かの折に、声かけされてふと振り返る時、ちょっと後ろの物を取ろう

とする時など、骨盤から上の回旋可動域が低下すると、

首に負担をかけたり、振り向く際のバランスが崩れやすくなったり、

という可能性が出てきます。

ですから、普段から胸椎部分を意識した可動域練習をしておく必要が

あるでしょう。

座っても横になっても行えます。

座って行う場合↓

骨盤はそのままの状態で、その上の部分=上半身を(この場合は)左に

回します(回旋)。

反対側も同様に行います。

腕も無理に動かさず上半身だけをゆっくりと回していき、止まるところ

で5秒くらい保持します 。

決して無理に捻ろうとしないでください。代償運動が出てしまいます。

上から見るとこんな感じです↑

寝て行うときは↓

上半身は固定して、骨盤から下を逆方向(この場合は右)に回します。

そうすると、上半身は左に回った状態と同じポジションになります。

骨盤を回すと上半身も浮いてしまいそうになると思います。

特にカラダが固い方は、

そういう場合は、

なるべく上半身が浮かないところまでで止めてください。

そして5秒間保持。 こっちの方がきついかもしれません。まずは座位で行なって、

横になって(仰向けで)行うストレッチはそれに慣れてからでも

いいと思います。

いかがでしょうか?

キリッと振り返ることのできるカラダ作りをしていきましょう!

(上半身だけの振り返り↑)

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。