• 朝野裕一

日常生活での動作から;モノを拾う

日常生活に隠れている、伴っている身体動作。

日常生活動作の中でも家事動作は色々な動きを必要にします。

調理、掃除など。

その要素となる動きはというと、一つにはモノを拾う(下から取る)

動作があります。今日はモノを拾う動きを考えてみましょう。

床に落ちたモノとかゴミとかを拾う動作。あなたはどうしていますか?

そのまま腰を曲げて拾う?

それとも膝を曲げて拾うかな?

和式の(和服を着ている時の)所作のように正座姿勢に向けて

膝を折りたたむ?

もうしゃがみ込んじゃう?

こんな感じでしょうか↓

高這い位で腰だけ曲げようとすると腰を傷めそうな気もしますね。

太ももの後ろの筋肉であるハムストリングスが、柔軟でないと手が

届かないかもしれません。

膝を曲げるには膝関節に痛みがなく、膝関節周りの筋肉がしっかりと

力を出せないとできないでしょう。

正座に向けての和式の所作では、これも膝とふくらはぎの筋肉の力と

膝を深く曲げても痛みがないことが必要になります。

しゃがみ動作は、そこまでには膝の筋力が必要ですが、それ以上に

股関節の可動域制限や痛みがある人、人工股関節の人などはやりづらい

あるいは勧められない動作になることもあります。

さて総合すると、モノを拾う動作を行うには、

ハムストリングスの柔軟性、膝やふくらはぎの筋力、股関節や膝関節

の可動域が必要ということになりますね。

膝や股関節、腰に支障があると、動作を制限させる要因になります。

また、静的・動的バランス能力も重要です。

先ほどの絵は拾う直前の静止画でしたが、実際は立っているところから

動作を行い、再び立つところまでの動きを伴います。

ではこれを少し運動効果を意識して行うとどうなるでしょうか?

また、

もっとスタイリッシュに行うには?

もっとカッコ悪く面白く動くには?

などを引き続き考えていきます。

今日も読んでいただきありがとうございました。また明日。