• 朝野裕一

今日も大谷でした〜集中と遊び

どこまですごいんだ!と感心するしかない、大谷選手の活躍ですね。

連日ホームランって過去あったかなぁ日本選手で。記憶にないですね。

どうしたらああやって集中しながら楽しむことができるのか?

とても参考にしたい、考えさせられる大谷選手の毎日の活躍です。

日々の生活も仕事も遊びも、集中して準備して楽しむ。

考えただけで気分が良くなる感じです。でもそのための心構えって

あるんだろうなぁと思います。

緊張と弛緩、集中と遊びを上手く挟み込んでいくんですかね。

そんな気もします。何事も。

あと、

中継放送で解説の方々も言ってましたが、適応力の速さもびっくり!

ですね。

これは才能という言葉で言ってしまえばそれまでですが・・・

そう言うしかないかもしれません。

でもこれも、

その人なりの範囲で参考にはなるような。自分がそこに集中しなければ

ならない状況に置かれた時に、

いやいや行うのと、それはそれで集中して取り組むのでは大分違う

のではないでしょうか?

要は自分でどこまでコントロールできるか、が重要な要素ではないか?

と思います。

自律性と言うのでしょうか、自主性とも言うのか?その有る無しで

集中度も変わってくるでしょう。

集中する時間と弛緩させる遊びの時間を、自分で差配しながら何かを

行なっているうちに、それ自体が楽しみに繋がるのではないかと

思います。

昨日も書きましたが、日々の生活の中で自分のカラダのことを考える

時間をいかに自分自身で作れるか

集中した後に、弛緩してリラックスしている時にふとアイデアが浮かん

だと言うことは誰しも経験したことがあると思います。

一度集中すると人間それがどこかにストックされていて、ふとそこから

離れた時に自然と頭の中が整理されているような感じです。

ずーっと集中しているとどこかで煮詰まる事はよくありますね。

そういう時は、敢えてそこから離れてリラックスする事で頭の中や

カラダがリラックスして自然な動きを行えるのではないでしょうか。

何か上手く表現できずに長々書いていますが、大谷選手の伸び伸びした

活躍を見て連日考えさせられています。これからもウォッチしていこう

と思います。

久しぶりに野球を見て純粋にワクワクさせられています。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。