• 朝野裕一

股関節でバランスを保つ:2〜片足立ちを真横から見ると・・・

引き続き、

片足立ちでバランスを保つ時の股関節の役割についてお話します。

昨日は、片足立ちを正面から見た時の股関節周囲の、主に中殿筋の役割

についてお話ししました。

今回は、

真横から見たらどうでしょうか?

というお話です。

通常バランス良く姿勢を保っているとこうなります。

重心の落ちる線がちょうど外果(がいか=そとくるぶしの部分)の少し

前を通る感じです(上図右端)。

これが不安定になるとどうなるか?

代表的なのが右端の姿勢です。

上体が後ろに傾いていますね。

これは股関節の後ろについている大臀筋(大殿筋)などが緩んでしま

っていると推測されます↓

これは正面の時同様、歩いている時の動作にも現れることがあります。

大臀筋歩行といって、足が地面についた瞬間、上体を後ろに傾ける動き

が起きる歩行です。

歩くたびに身体が後ろに揺れるのでとても特徴的です。

このように、片足立ちという静的なバランスを示す姿勢が、歩行という

動的バランスを要する動きにも特徴的に現れるという意味で、片足立ち

は、バランス能力と股関節周囲の筋力の状態を示す指標になると

考えられます。

もちろん他の要素である、足裏の知覚や、視覚・前庭覚などの影響も

無視できないので断定はできませんが、それらに特に問題がない場合

には、股関節周囲の筋出力に何らかの問題(痛みを伴うなどの場合も

あります)があることを示唆していると考えていいでしょう。

バランス能力を評価する・鍛えるなどに、なかなか便利な片足立ち

のお話でした。

もう少し続きます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。