• 朝野裕一

運動に抵抗感をもつあなたへ:4〜自分の身体の現状を知る(3)

身体の柔軟性・可動性、可動域などを知った上で、今度はどのくらい

筋力があるかも知りたいところですね。

筋力と一言で言ってもどこの筋力?

全ての筋力を図ることは現実的にできませんし、測定機器も持ち合わせ

ていません。

ここでは代表的な部位の筋力として、まず体幹筋をあげてみます。

これも細かく言えば色々な筋肉があるのですが、最も知られている?

腹筋を例にあげてみましょう。

上のように、

脚を膝から90度に曲げて宙に浮かして、頭を持ち上げてください。

この位置を1分以上保つことができればまずまず腹筋はあるな、弱く

ないなと思っていいです。

あとは下肢と上肢の筋力ですが、

下肢は片足で椅子から立ち上がれるか?

片足が無理ならば両足で立ち上がる、スクワット動作に近い運動に

なります。

上肢は腕立て位を保てるか?あたりが簡単なテストになるでしょう。

腕立て位が保てたら、腕立て伏せができるか?できなければ膝を床に

ついの腕立て伏せができるか?

※これは上肢だけではなく肩甲帯や体幹筋なども使います※

それも無理なら、立って壁に両手を当てて支える壁立て位ができるか?

さすがにこれはできると思います。

壁立て位ができたら、壁立て伏せができるか?

腕立て位ができなければ、肘で支えられるか?を試してもいいでしょう

これだけでもある程度のトレーニングになります。

これらすべてが、

自重=自分の身体の重さを使ってできる簡単なものばかりです。

これ以外にも、

まずは自分のからdを支えることができるか、色々な姿勢で試してみる

ことをお勧めします。

重力を利用した筋力のテストとトレーニングです。

誰でもどこでも(いつでも)できる筋力テストとトレーニングでした。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。