• 朝野裕一

俊敏性の極致:ロマチェンコ圧勝!

想像以上の強さでした、

ロマチェンコ!

※試合は、イギリスではなくアメリカ、ロサンジェルスで行われました

俊敏性を語るには、これほど凄いアスリートもいないと思います。

昨日語ったように、そのステッピングの速さと、もちろんパンチの繰り

出しも速射砲で正確です。

4ラウンドで一回り身体の大きいアンソニー・クロラをマットに叩き

つけてしまいました。

対戦前に流れていた練習場面のビデオを観ると、細かいステップの

練習を行なっているシーンがありました。

そして、

軽量のシーンでは太もも(大腿部)の筋肉が他のボクサーより飛び抜け

て発達しているのが印象的でした。

常に重心を前後左右のみならず上下にも3次元的に動かす原動力がその

下半身にあるんだなと、感じられました。

そして、

その筋肉はボディー・ワークやステッピングの練習で自然についたもの

のように見えました。

ボクシングのような格闘技には、俊敏性がいかに勝負を分ける重要な

要素であることを証明した一戦でもありました。

まぁ一般ピープルの我々には、関係のないというかあまりにもレベルが

高い俊敏性ではありますが、それでも試合を見ているとその自由に動き

回れる身のこなしには、なにかワクワクさせられます。

ちょっとでも自分の思うように身体を動かせることが、とても楽しそう

に思える、そんな気持ちがいだければ、生活にも活かせると思います。

身体を生活の中で思うように動かせれば、とても効率的に時間を過ごせ

その分他のことに時間を費やすこともできそうですし・・・

ステッピングから見直して、できるだけ素早い身のこなしを維持できる

よう努めたいと思いました。

とにかく今日は、

最高峰の俊敏性を見た瞬間でした。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。