• 朝野裕一

テンポと身体の動き

バンド“ノーナ・リーブス”の中心メンバー、西寺郷太氏は今、

NHK-FMで「DISCOVER MICHAEL」という番組のMCをやっています。

なんとあのマイケル・ジャクソンの特集を1年間にわたって行うという

、ファンならば待ってました!という番組です。

その西寺氏がマイケル・ジャクソンとともに敬愛するミュージシャンが

プリンスです。

事実「プリンス論」(新潮新書、2015年)という本も書いています。

だいぶん前にこの本を本屋で見つけて、いつか読もうと思いながら大事

にして?そのままになっていたのですが、最近読もうと思い起こして

いま読んでいるところです。

その本の中に面白い話が載っていました。日本人と海外の音楽ファンの

テンポと身体運動、まぁダンスなんですけどの関係の違いについて、

です。

日本人は結構アップテンポ(BPM;1分間あたりの拍の数)の曲に反応

するということ。BPMで150以上の速いテンポの曲でダンスをするのが

お得意な日本人、に対して海外のファンはBPM120前後の比較的メロウ

なグルーヴ感のあるタイプの曲に反応するとのこと。

育った環境によるものなのか?

そう言えば、スカパラこと東京スカパラダイスオーケストラのアメリカ

・ツアーのドキュメント画像を観たことがありましたが、あまりに

アップテンポな彼らの乗りに、アメリカ人は意外と乗っていなかった

場面が映し出されていました。

まぁ何であれ、意外と日本人てアップテンポなんだなぁという感想を

抱いたわけです。

勝手に日本人はゆっくりとした乗りなのかなぁと思っていたので。

まぁスローバラードはそれで得意なようです(「プリンス論」より)。

これってさっき言った文化的な環境の違い?と言ってもそれが何かよく

わからないのですが、

身体的な特徴?

確かに身体の構成;手足の長さや身長など;により、固有の振動数を

持つわけですから、関係なくもなさそうです。

手足が欧米人などと比べれば比較的(相対的に)短いとするならば、

その固有振動数は大きくなる、すなわち周波数が高い、一定時間に動く

回数が多いことになります。

アップテンポに合うこととピッタリ合致しますね。

まぁ仮説ではありますが、

音楽のテンポとヒトの身体構成とその運動の関係、と考えるととても

興味深い話です。

そんなことを考えながら、昨日のブログアップはサボりました。

意図的にサボったのは初めてでしたが、これからも週1くらいは休む

かもしれません。

それでも引き続きお付き合いくださればありがたいです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。