• 朝野裕一

座位を長く取る時に行っておくべき運動

パターン化された姿勢の中でも座位を長く取るときに行っておくべき

運動について簡単に紹介したいと思います。

一つは、

肩甲骨を外側に持って行かれないように引き寄せる運動です↓

もう一つが、

いつしか身体がねじりづらくなる危険を予防するための回旋運動↓

せめて立ち上がらないときでも1時間に1分くらいはこれらの運動を

することをお勧めします。

もちろん回旋運動は左右それぞれ行なってください。

姿勢のパターン(定形)化による筋肉のコリや、関節の可動域減少を

防ぐのがその目的です。

あとは大きく伸びをする(バンザイをする)のも簡単な運動です。

意識しなくても思わずしている時があると思います。

その時には骨盤が前に起き上がってきてます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。