• 朝野裕一

運動の自由度を獲得するために〜その五:長く動いてみる

今回は、持久力のお話です。

それも全身の持久力です。

長く動く=持久力と捉えてください

一番簡単なのは、長く歩くですね。

遠足?

ショッピングでも通勤でも構いません。なるべく歩けるところは歩く。

デスクワークなどでも、あえて立ち上げって歩く時間を取る。

列車やバスの一つ手前の駅で降りて、歩くなどはよく勧められている

やり方です。

階段を使うのも筋力トレーニングを兼ねられるので、お勧めです。

案外都会人の方がよく歩くことは、以前にも何回か紹介しましたが、

その通りで、

旭川から札幌に出かけると多い時で1万歩、少ない時でも7千歩は

優に歩きます。

旭川にいると近場もついつい車で行ってしまうので、少ない時は千歩台

なんて日もあります。

そう考えると、都会に住んでいる方が健康的なのかもしれませんね。

とにかく、

長く動く・歩くは全身の持久力、いわゆる体力を維持するにはもってこ

いの方法です。

次回は同じ長いでも、長く(姿勢や肢位などを)保持する、をお話し

します。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

今日はなんか短くなってしまいましたがあしからず!また明日。