• 朝野裕一

何はともあれ楽しく動きたい!

生きている以上は動かなければなりません。

たとえ、動きたくなくても。

どうせ動くなら楽しく動きたいものです。

というか、

動くことが楽しくなればいいわけですよね。

何はともあれ、楽しみを生活のどこかに見つけてみましょう。

別に運動に関連しなくても構いません。

なぜかといえば、

必ず身体を動かす場面があるからです。

机に向かって本を読むのも?

そうですね、読みたい本を本屋さんや図書館に探しに生きましょう!

別にAmazon利用してもいいんですよ。観たい・読みたい本を探すのに

とても便利ですから。

私の場合、

Amazonで読みたい本を探し、あるいは向こうからこんな本はどうです

か?と聞いてきます。

レコメンデーションというやつですね。

これはこれで面白そう!と思える本が結構載っているので、チェック

します。

その上で、

本屋さんに行くわけです。

そこで店内在庫チェックをする、

もしお望みの本があったら、それを探しに本棚へ。

昨日書いたように、外出する理由としては充分なものです。

店内を結構歩くし、図書館ならばもっと歩くかもしれませんね。

まぁ、

読書でもそんなわけですから、他の趣味ではもっと動く場面があるで

しょう。

ダンスやスポーツなどはおススメの趣味です。

今日の夜にはNHKのEテレで、

明日も晴れ!人生レシピ」が放送されますが、その特集がスポーツを

趣味にした高齢者の活動です。

来週の金曜日にも再放送があるのでご覧になっていてはいかがでしょう

か?

スポーツやダンスはちょっと・・・

という方でも、茶道でも書道でも俳句でも絵画でも将棋でも碁でも

何でもいいと思います。

必ずその場所へ移動・外出するし、そこで人と接するし、頭も身体も

使いますよね。

それが楽しく動くということに結局繋がるんだと思います。

私も昔ちょっと趣味でやっていたテニスでもやってみようかな

と思っています。

サッカーや野球だとどうしても人数が必要なので、今は卓球やバドミン

トン、テニスなど個人スポーツが流行っているようです。

ともあれ、あなたも楽しく動くために何かやってみませんか?

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。