top of page
  • 朝野裕一

身体-カラダ-メンテと身体操作知性

更新日:1月23日

ここまで、

身体を操作する上での知性の必要性について

書いてきました。


それが以前書いた身体-カラダ-メンテ(ナンス)と

どう関係するかを今日は書きたいと思います。


その前に、

ここでいうところの身体操作とは、

意識して全ての身体の動きをコントロールする

という意味を必ずしも示してはいません。


意識がコントロールできることこそ正解、

ということではないということです。

どういうことか?に関しては後日

別のブログで書きたいと思います

(「体はゆく」という著作本を元に述べたいと思います)。


さて、

前述のメンテと知性との関係性は以下の通りです/と考えます。


カラダメンテ には→ 身体操作知性が必要

※自分の身体をどうメンテナンスするか、

と考えた時点でなんらかの知性的な作業が行われるからです。


一方、

身体操作知性 によって→ 身体メンテが十分行える

※より良い、効果的、効率的なメンテナンスとは、

と考えるには知識の収集、自分の身体の現時点での評価

不調の状態把握とその原因究明などより知性的なアプローチが

身体のメンテナンスの質を高める助けとなるからです。


つまり、お互いが必要十分条件のような関係になっている、

そう考えます。


その結果として、

長い期間あるいは各期間(幼少期、思春期、成人、中年、高齢,,,)

に応じた身体を含む健康的な楽しい生活を続けられる。

その基礎となるのではないか、と思っています。


以上、確認のために書きました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ではまた次回に。




閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page