top of page
  • 執筆者の写真朝野裕一

身体-カラダ-メンテ その九〜具体的な身体操作5(続々・椅子に座って行う)

椅子に座って行う身体操作の第3弾です。

今回は、もも(腿)上げ運動を扱います。


まずは、

椅子に座って運動を行う前の姿勢を調整しましょう。










左図では①から②へ、右写真では右側のように

骨盤を起こして姿勢を整えます。


これだけでも、股関節を曲げる筋肉である

腸腰筋(腸骨筋と大腰筋)は活動しています。

まずは骨盤を起こす運動だけでも

構わないと思います。


次に、

ももを上げていくのですが、

ここで注意しなければならないこととして、

骨盤を(せっかく起こして整えたのに)

後ろに倒してしまうことが挙げられます

(下図の右)。   












そこで、

しっかりと骨盤を起こした状態のまま

ももを上げてみましょう。












こうすると思ったよりも

高くももは上がらないと思います。

それで構いません。


どうしてもやりづらいときは、

後ろに両手をついて体幹と骨盤は動かさずに

ももを上げる運動でも構いません(下図参照)。











いずれにしても大事なことは、

骨盤を動かさないことです。


これによって、

股関節周囲の筋肉の一つである

大腰筋の働きを促すことになります。


ここまでご覧いただきありがとうございました。

ではまた次回に。



閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page