• 朝野裕一

岡田メソッド

ちょっと前にNHL-BSで「スポーツイノベーション」という番組を観ていたら、

岡田メソッド』について特集をしていました。

岡田武史氏は現在FC今治のオーナーとして経営を司っています。

一度は日本監督まで勤めその後中国のクラブチームの監督を経て、

現在に至るその生き方はとても興味深く感じていました。

そして現在このクラブで、体系化されたサッカーの型を育成段階から徹底指導し、

最終的にこのクラブをJ1まで引き上げると同時に、日本のサッカーの一つの型を実証する、

という大変野心的でワクワクする実験を試みています。

型があって初めてそれを破る自由さを獲得できる。

いわば守・破・離の概念を日本サッカーにも取り入れていく。

その理由というかきっかけについて岡田さんは、

“スペインに行って、向こうのコーチから日本には(サッカーの)型はないのか?”

と聞かれてとても衝撃を受けた、と語っています。

あれほど自由奔放にも見えるスペインサッカーにきちんと型があったのか!

子供の頃からある型を指導されてトップリーグにまで上り詰める、

その過程で型を時には破ってさらに成長していく。

まさに守・破・離の世界だなと感じたということでした。

それを見て

何事にも当てはまる概念だなと感じました。

身体運動にももちろん様々な分野において型があります。

それらを日常生活レベルにまで落とし込んで、

体系化したのちに個人個人に合わせたあり方を案内(ナビゲート)する、

そういう仕事を目指していきたいと改めて感じました。

岡田さんの活動の今後を常に注視していきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

ではまた明日。Hasta man(〜)ana!