• 朝野裕一

黒い白鳥っている?!

昨日の続きです。

まずはブラックスワンって?から。

 人は思いもしなかった事実に直面したとき動揺し、

 脆さ(もろさ)を露呈するというお話です。

今や黒鳥としてその存在は当たり前になった黒い白鳥。

この種が発見される前は、黒い白鳥は例え話にはなれど、

その存在は否定的にみらていました。

しかしよく考えてみると、

「黒い白鳥なんて見たことない」と

「黒い白鳥はいない」とは全然別のことです。

これは、

「黒い白鳥なんて見たことない」だから→「黒い白鳥なんているはずない」となり、

「黒い白鳥はいない」と結論づけられることになります。

あとは、そもそも白鳥は白いから白鳥であって、

黒い白鳥という考えが間違っている、とか

もし万が一いたとしてもそれは白鳥ではなく別の種でしょう、となります。

実際、最初に黒い白鳥=黒鳥(カモ目カモ科ハクチョウ属)が見つけられた時も、

これは白鳥ではなく別の種ではないかと言われたようです。

この事が何を指し示しているかというと、

存在が認められないからといって、

その存在が否定される根拠にはならないということです。

少なくともその存在可能性はゼロにはなっていない。

“見たことない” と “いない” ことは別のこと、ということです。

 何だか宇宙人の存在とかもそうだ!となりそうですね。

 でも真剣に宇宙人とは言わなくとも、宇宙に地球以外の生命体が存在していることを

 確かめようとする試みは続いています。

 すぐに宇宙人は絶対いる!となると飛躍してしまうのですが...

そしてここが一番の肝なのですが、

あるはずないと思っていた事象が目の前に現れると、

人は動揺し脆さを露呈するということの例え話に、

タレブ氏が前著に表した黒い白鳥=ブラックスワンを用いたわけです。

脆弱性と反脆弱性のお話はまだ続きます。

次回は、線型性と非線形性について、

なんだか難しそうだし身体運動と何の関係があるの?

と思われるでしょうがもう少しお付き合いをお願いします。

ここまでお付き合いいただいた方には感謝いたします。

また明日。