• 朝野裕一

筋力にこだわる理由(わけ)

ここまで何回も、筋力について必要条件だが十分条件ではないと

しつこく書いて来たのには、自分なりの理由があります。

今日はそのことについて、お話しします。

私は長年理学療法士として、リハビリテーション医療に携わって

来ました。

その過程で、ヒトの身体運動能力を測る指標として、筋力は必須

の事項でした。

しかし、必ずしもその人が行う/行える/行うべき?パフォーマンス

(仕事)を筋力だけで測るのは、無理があるなぁと漠然としながら

も気付きました。

例えば膝の人工関節置換術後の歩き方が、筋力トレーニングだけで

改善するか?あるいは筋力を測っただけで、歩きの改善を評価でき

るか?と言われれば、無理でしょう。

もちろん、歩き方には歩く速度(スピード)や一歩の歩幅や、

歩くテンポ(ピッチ=ケイデンス:cadence)など客観的な指標は

あるものの、どのようにして歩いているかまでは、高価な運動分析

機器を使用しなければ、客観的指標として提示できません。

もちろん、日々の練習場面でいちいちそのような手間をかけるわけ

にはいきません。どうしても主観的な観察という手段が必要でも

あります。

しかし、世は根拠のある医療を求め、客観的指標、つまりは数字で

表すことのできるものを必要としていました。

確かに筋力は必要な条件なので、必要ない!と言うことは

できません。

どうしたものかなぁと考えていた時、筋パワーという考え方に行き

着いた、過去にあたって見つけた、というわけです。

パフォーマンスを物理的な仕事の考え方にはてはめて、

仕事率=力×速度がヒトの身体運動にも当てはまることは、運動生理学

の分野では以前から言われていました。

そして、筋力は必要な条件だが、それだけで十分なわけではないと、

自分なりに納得、腹に収まったのです。


さて、

続きはまた明日にします。今日も読んでいただありがとうございました。