• lifewithmind2

Journey to the Exercise World:Vol.4

全く前が見えない。煙の中を這って移動しながら、どこが出口か分からず、焦りばかりが…

まだ時々揺れもあるようだ。

方向を見失った!まずい!

ハーイ、ここまでです。もう外していいですよー。

そうだった!これは防災訓練だった。VR(ヴァーチャル・リアリティ)で体験する。

あまりにリアルで(だからヴァーチャルなんだけれど)この世界に入りすぎて、自分がHMD(ヘッド・マウンティッド・ディスプレイ)を被っていたことも忘れていた。

・・・・・

なんでこんな時間に会議をしなきゃならないんだー。まだ朝の3時か?

VMRと書かれた部屋に入る。

今日はと…ニューヨークとニューデリーとキンシャサ、香港、ジャカルタかー。

いちいち顔を合わせる必要あるかなー?まぁでも一堂に会することはこうでもしなきゃ無理か。

しかしこの時間ばかりは何とかして欲しいもんだ。回り板とはいえ…

次々チェックイン(ホテルじゃあるまいし、でもいつしかこう呼ばれてる)して来たぞ。

東京は早朝の3時半。月例の会議VM(ヴァーチャル・ミーティング)が始まる。

ちなみにさっきのVMRはヴァーチャル・ミーティング・ルーム、要は会議室だ、VM用の。

・・・・・

あれーッ!久しぶりに来たらいつの間にか。新しいビルが建ってるー。

確かあれは、3年前だったかなー?

もっと小ぶりな、5階建てのビルだったはずが…

どんどん街が変わっていってるなぁー。

どれどれ3年前のここは…と。

あぁ、やっぱりここでいいんだ。

スマホをかざして何やらアプリを立ち上げると、3年前の今正面にある空間が再現される。

これなら、時間の問題をある程度、少なくとも過去に向けては、ヴァーチャルに移動できるなー。一方向はタイムマシンが実現だ!

・・・・・

じっとりと冷や汗と震え、めまいを感じる。一歩も前に進めない。

幅10cmの板を、地上何メートルだ?20mくらいだろうか。渡るなんて、何のために?

気を取り直して、しゃがんですくんでいた姿勢を変え、立ち上がってみたが…

おかしいなぁ、地上に10cm幅の線を引いた中は簡単に歩けたのに。

よしッ!進もう!と思った瞬間、バランスを崩し…アァ〜もうダメだと思った瞬間、VR空間だったことに気がついた。

・・・・・

VR/AR体験の近未来(もうかなり始まっているが)より。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。明日この解説を。

ではまた。

5回の閲覧