• 朝野裕一

Journey to the Exercise World:Vol.5

さぁ、世界新記録は果たして出るのか。世界中が期待しています!

前回の大会で初めて9秒の壁を切ってから、毎年平均0.2秒ずつ記録は

更新され続けています。

いよいよ、人類は夢の7秒台に突入するのかー!

第2回スーパーオリンピック100m競争決勝の会場は騒然としていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回、

2032年大会の時点で8秒653という驚異的な記録に沸いたのもつかの間

今回は夢の7秒台が期待されている

ヴァーチャル会場で世界中の人が観戦しているスーパーオリンピック

身体の一部がトランスヒューマンであることを許された大会として、 2032年から始まった大会は、それまでのオリンピックを凌ぐ勢いで世界

中の注目する大会になった。

ちなみに、今までのオリンピックはパラリンピックと統合されて、

ユニバーサル ・オリンピックとして、スーパーオリンピックの後に

開催されている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子:7秒台出るかなー。

父: 出るかもね。

父:でも4年前は8秒が出るか出ないかでみんな騒いでたんだよ。

子:エェー!遅っ昔のことだね。

父:うーん、昔と言っても4年前なんだけどねー。何せ技術の進歩が

早いからなー。

子:これってどこまで人工技術っていうの?が許されてるのかなー。

父:はっきり言って、脳以外は全てOKなんだよ。

子:脳はダメなの?だってAIに繋げられんでしょ?

父:うん。だけどそれはITドーピングといって、禁止されているんだ。

子:どうしてダメなの?

父:それはねぇー。もうそうなっちゃうとさ、ロボットがやっている

のと同じになっちゃうから。

子:でも、ヒューマノイドはロボットじゃないんでしょ?

父:うーん。そこのところはまだ色んな人が議論して結論が出てないん

だよ。

子:ふーん・・・もっとすごい記録が見たいなぁ。

父:競争する意味がなくなっちゃうかもしれないから。

子:なんで?だってみんな技術を競っているんでしょ。

父:そうだけど、100mを誰が一番早く走れるかはさぁ、何ていうのか

なぁー。身体(カラダ)というか、人間がもともと持っているものを

いかに制御して動けるからだから・・・

子:だからコントロールする技術を争っているんでしょ?

父:あっ、始まるぞ、その話はまた後にしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

父:あー、それにしても惜しかったねー。8秒003だって。

子:・・・

父:どうした?

子:うん・・・ボクやっぱりエンジニアになって、きっと頑張れば6秒

台も夢じゃない気がするんだ。

父:6秒台ーーー!

子:うん、なんかできそうな気がする。そうするね。

父:・・・?

父:さぁ、今度はユニバーサル・オリンピックも観ようね。やっぱり

父さんはそっちも好きだから。

子:そうだね、ボクも好きだよ。

父:そうかー!

子:うん、なんか自分でもできそうだから。スーパーオリンピックの

エンジニアになって、ユニバーサル・オリンピックに出ようかなー。

うんそうしよう!

父:・・・?!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリンピックはこれからどうなっていくのか?

火星移住者との競争?それとも火星での開催?

科学技術とヒトの身体進化はどう折り合いをつけていくのか?

興味深くも様々な課題を持って、確実に未来は創り上げられていくので

しょう。

人間の適応力を信じて・・・

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。