• 朝野裕一

連鎖(連動)の崩れ

さて今日は、スクワットをできるだけ速く行おうとすると、

どんな破綻が生じるか?

を実際のビデオを見ながら考えていきましょう。

まずは2秒間で完結させる(1秒で沈み、1秒で元に戻る)パターンを

ご覧ください↓

次に、先ほどの約2.7倍の速さで行う(0.75秒で一回のスクワットを

完結させる速度)と・・・

まずはこちらをご覧ください↓

ほとんどスクワットができていませんね。

速さにカラダの動きが追いつかず

バランス自体が崩れてしまっていますねー。

※ちなみにビデオ中の声かけで3割増しのスピード(1.3倍くらい)

と言っていますが、これは今回お見せしていない1秒で完結する速さの

バージョンに比較しての話です※

昨日書いたように、スクワットという下肢の三関節(股・膝・足)を

主に連動させる運動において、

中央管理室(中枢神経系)での恊働(synergy)作業のプログラムは、

時間の要素が加わる(=できるだけ速く行おうとする)ことで、

本来目標としていた体重支持とバランス保持を保てず、強調した下肢

関節の動きに破綻が生じ、バランス自体をも崩してしまう結果と

なりました。

後のビデオでは、何とか最後まで下肢の三関節を同時に連動さで

動かそうとしていますが、スピードに間に合わず、結果として肝心の

バランス能力が保てませんでした。

時間の要素が、運動連鎖(連動した動き)に関与する要素・因子だと

いうことがわかるのではないかと思います。

明日は、もう少し他のスピードについても検証してみましょう。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。