• 朝野裕一

スクワット動作の速度と連動性:その一

スクワットを行う速さ(時間因子)とその連動性を探るシリーズ

(勝手にシリーズ化してしまいましたが・・・)。

その一としまして今日は、

1秒間で動作完結(動作周期は1Hz)と、

2秒間で動作完結(動作周期は0.5Hz)の2パターンを比較してみます

まずは1秒間で完結がこちら↓

次に、

昨日お見せした2秒間完結と直接比較してみましょう。

左側が1秒完結パターン、右側が2秒完結パターンです。

ちょうど左が右の倍速になっています。左側やや顎が上がっていますね

右側のほうが見た目に安定感があります。

では、

速度が合わせやすいので、この二つを同じ速度に編集してみましょう

(左が1秒完結;右が2秒完結を倍速に編集したものです)↓

どうでしょうか?

ちょうど倍速で同期しやすいので比べたのですが、この位の速度差では

明らかな運動の連動性の破綻は認めない感じですね。

前に書いた通り、若干左のほうが顎が最初から上がっていますが・・

上に伸びる(カラダを伸展させる)ことに意識が強く働いている

せいでしょうか?

次回はもっと速度差があるケースで比較してみましょう。

今日も読んで(観て)いただき、ありがとうございます。また明日。