• 朝野裕一

スポーツの秋ですね!

今、たった今,

ラグビーのワールドカップ2019日本大会のイングランド対アメリカ戦を

見ているところです。

ラグビーは考えてみるとスポーツで要求される全てと言っていいいほど

の要素を含む競技ですね。

走る、蹴る、投げる、ぶつかる、押す、跳ぶなどなど。

一番それらの要素を含む競技がアメリカン・フットボールと言われて

いるのですが、ラグビーも負けてはいません。

今回の大会を見て改めてそう感じました。

それにしても、

プロ野球;NPBMLB;は佳境に入り、これからポストシーズンの戦い

が楽しみです。

サッカーも欧州リーグが始まっていて、Jリーグも天皇杯を含んで

これから益々盛り上がってくるでしょう。

本場アメリカのアメフト;NFLも始まり、これからバスケのNBAや日本

Bリーグもまもなく始まります。

先日はマラソンの東京オリンピック出場権を決めるMGCが行われ、

とっても面白いレースを見せてくれました。

バレーボール女子のワールドカップも開催されています。

男子も間も無くです。

まさしくスポーツの秋という感じです。

どれを見たらいいのか迷ってしまう、うれしい悲鳴の季節です。

アメリカという国はまずフットボール(アメフト)、次にバスケと野球

さらにはアイスホッケーという4大プロリーグが発達していますが、

実はポテンシャルとして、サッカーやラグビーにも勝機が十分にある国

です。

なんせプロのアスリートがたくさんいますから。

どうしても4大プロリーグに行く選手が多いので、サッカーやラグビー

は、特に男子ではイマイチの印象がありますが、それでも世界ランクの

比較的上位にいつもいます。

もう少し両競技がブレイクしてメジャーになれば、すぐにも

トップレベルの国になる可能性があると思います。

なので、

私としては(個人的に)、サッカーやラグビーの世界大会では常に気に

なる存在のチーム(国)です。

今日も相手がラグビー発祥の地の世界ランク3位、イングランドです

から、勝ち目は薄いでしょうが、どこまで戦えるのか興味津々で見て

います。

しばらく(11月までは)野球やサッカーそして今はラグビー観戦に堪能

できる、スポーツの秋はいいなぁと思うこの頃です。

とりとめのないブログになりましたが、今日はこのくらいにします。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。