top of page
  • 朝野裕一

身体-カラダ-メンテ その四(第二歩)〜自動運動;身体操作〜

前回身体メンテの第一歩は、

自分の身体の硬さ(柔らかさ)に気づくところから始まる、

と書きました。

今日は第二歩目はなんだろうという話です。


身体が硬いなぁと感じたら、

その後にあなたはどうされますか?


“歳だなぁ”と言ってそのままにしておく。

もう一度その動きを再現してどこが硬いのか探る。

この二つの違いとても大きいと思います。


そのままにしておけば、

文字通りそのまま硬くなっていくだけ。


もう一度動いてみると、

どこに痛さや動きにくさがあるかを、

感じることができるかもしれません。


そうすれば、

その部分を他の動き(少し軽い動き)に変えて、

硬い部分のストレッチを可能にすることができます。


たまたまでも感じることができた、

身体の硬さ、動きにくさ。

これを利用しない手はありません。


もう一度動いてみるとは、

自動運動(active movement)をするということです。

自分の意識下で身体を思うように動かそうとしてみる。

※最初に硬さに気づいた時の動きは、もしかしたら

あまり意識せずに動いたのかもしれません。


身体操作と言い換えてもいいでしょう。

そしてこの作業は神経の指令によって成り立っています。

硬さ自体は身体の構造的な要素ですが、

自分の身体を動かすことは神経の要素が必要になってきます。


筋力の発揮も結局は、

神経指令の程度によって決まってきます。


なかでも、意識して動かすということは随意運動と言って、

どう動かすかをイメージして動かすことになります。

まさに身体の動きを自分で操作するということです。


よく、

関節の可動域と筋力が大事と言われてきていますね。

ストレッチと筋トレ、これが二大要素とも言われています。

確かに間違ってはいないのですが、

現実的にはそこに勘違いが生じる可能性があると思っています。


どういうことかと言うと

筋肉の出力(=筋力)の程度は先ほども書いたように、

神経の指令によって行われるものです。


しかし巷にあふれる筋トレは、

とにかく辛いけれどそれに負けずに力を振り絞って行うもの、

といったステレオタイプなイメージが定着している気がしてなりません

(間違っていたら教えてください)。


これの何が問題かというと、

正しいフォーム・動きでのトレーニングから

外れてしまう危険性があるからです。


特に疲れてきたりすると、足りない力を他の筋肉に頼ってしまう、

いわゆる“代償運動”が起きてしまいます。


そこで、

実は筋トレって、神経の指令トレーニングに他ならない

と改めて主張しておきたいわけです。


イメージした動きを意識して動かす(身体操作)

これが神経の指令トレーニングです。

その指令にともなって筋肉が収縮して関節が動く、

身体はそういう仕組みになっています。


ここのところをぜひ勘違いしないように

してほしいなと思います。


まとめると、

1.身体メンテの第一歩は、身体の構造的な硬さ加減を知ること。

2.第二歩目でその動きあるいはその動きに近いものを再現すべく、

自分で意識して身体を操作する(自動運動を行ってみる)こと。

3.身体操作には筋力発揮のための神経指令が必要。


以上です。少々長くなってしまいましたが、

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また次回に。













閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page