• 朝野裕一

脳をだまして習慣づける

学習して、いや学習を習慣づける。

でもどうやって?

やらなきゃならない宿題だから...

それは習慣?

以前紹介した「最後のダイエット」

という本には、“脳をだます”ということが書いてありました。

いつもより一駅前で降りて歩く。

なかなか億劫でついつい元に戻って身につかない。

ならばいつもの駅の別の改札から少し遠回りして出てみる。

見事に脳がだまされて苦にならなかった、というエピソードが

載っていました。なるほど。

意志の力はあまり信用せず、自然と受け入れやすいところから

始めてみるという考え方は参考になると思います。

他にも脳をだます方法はあると思います。楽しさが優先される

ことに動きがともなう。

いろいろなスポーツも実はもともとプレイ(遊ぶ)するもの。

競争心、闘争心を表す場面とともに、自然とゲームを楽しんでいる

うちに(その中に)運動要素が散りばめられているわけですね。

楽しい要素が必要なわけが脳科学的にも証明されているようです。

億劫と思う前に、

楽しいことを思い浮かべて、

動くと自然と動くことが楽しいと

脳が勘違いしてくれるかもしれません。何か楽しいことを考えた時

に身体を動かしてみましょう。

今日も読んでいただきありがとうございます。

寝る時も楽しい夢を。

また明日お会いしましょう。