• 朝野裕一

仕事と筋パワー

筋肉が物理学的な仕事をする。

それに筋力が必要。筋力の測り方。

などについてお話ししてきました。

筋力の測り方は他にもあります。

どのくらいの仕事ができるかを測る方法です。パフォーマンステスト

として行われるものです。

例えば、どのくらいの高さから片足で立てるか、その高さと可能か

どうか?何回できるか?など。

また持久力を測るため、一定の肢位を保てるか?その時間を測るなど。

いずれにしても、物理学的な仕事と筋力には密接な関係があることは

確かです。物理学では、

仕事=力×距離です。

これを時間で割ると、時間当たりの仕事効率=パワーとなります。

仕事率=力×速度となります。

ここで発揮される力を主に筋力と考えると筋のパワー=筋力×動く速度

となります。物理のお勉強ですね。

物理は苦手でしょうか?

でも物理的な法則に身体運動も支配されている以上、

知っておいたほうがお得です。

もう少しお付き合いを。

今日の結論;

筋肉の行う仕事の効率は、筋力と速度に依存する、です。

ですから、筋力は重要ですが、

一方で動く/動かす速度も重要、

ということになります。

今日はここまで。

読んでいただきありがとうございました。

もう少し筋力について考えてみましょう。では明日。