• 朝野裕一

パフォーマンスに関連する体力

子どもの体力の中でも、パフォーマンスに関連した体力の項目を5つ

あげました。バランス、協応性、敏捷性、スピードとパワーです。

バランスに関わる人体の部位は様々で、視覚をはじめ内耳(三半規管)

、小脳、筋肉や腱・関節内の固有受容器などからの情報を受けて、調節

されます。

また、

静的バランス動的バランスに分けられます。

静的バランスはある姿勢を保つ際の安定性を示し、逆立ちや片足立ち、

不安定な場所・狭い支持基底面などでの姿勢保持能力をいいます。

★(著作者:Magdarena Roeseler)

一方、

動的バランスとは、平均台の上を歩く、綱渡りをする、トランポリンを

する、などの動きの中での身体の安定的な遂行能力を指します。

★(著作者:Iorenkerns)

全ての運動はこのどちらかの(あるいはどちらとも)バランス能力を

必要とします。そういう意味では、全ての運動の基礎となる能力といっ

てもいいでしょう。ですから、子どものしかも早い時期からバランス能

力を発達させることが大切になってきます。

協応性とは、例えばボールを蹴ったり、階段を登ったり、ラケットで

ボールを打ったり、粘土遊びや、ビーズ通しなど目と手や足の協調性を

含む動きです。

多くの運動システムを効果的に働かせて、統合した動きを作りだす

能力のことを指します。

敏捷性(agility)は、ある地点から他の地点へ動くとき、素早く身体の

方向を変えることのできる能力を言います。

子どもが鬼ごっこなどで追いかけたり逃げたりすること、ドッジボール

などで球を避けたりかわしたりすることなどが、それに当たります。

運動のスピードは、ある地点から他の地点へできるだけ短時間で移動

する能力のことを言います。

これは、反応時間(合図から身体が最初に動き出すまでの時間)と、

動作時間(動き始めてから運動が終わるまでの時間)に影響されます。

特に動作時間は、練習によって向上すると言われています。

これらは、鬼ごっこや走ること、登ることなどの動作の繰り返しによっ

て、練習する機会が与えられることになります。そのためには、十分に

広いスペースなどが、環境として提供される必要があります。

最後に、

パワーですが、これはできるだけ短い時間内にどれだけ最大の力が発揮

できるか、の能力です。瞬発的な力を指しますが、物理学的には、

力×速度で表されます(筋力の項で既に何回もお話ししてきました)。

要は、

力と速度の組み合わせです。子どもが跳んだり跳ねたり、打ったり投げ

たりする時に認められる運動です。

★(著作者:Georgie Pauwels)

結論として、

パフォーマンスに関わる体力は、多くは遊びの中から鍛えられる機会が

生じるということです。

子どもにとって遊びは大切ですね。大人もですが...

ここまで読んでいただきありがとうございました。ではまた明日。

(参考/引用図書:「幼少年期の体育 発達的視点からのアプローチ」

デビッド・L・ガラヒュー 著、杉本隆 監訳、大修館書店、1999年)