• 朝野裕一

体幹を鍛えるにあたって;その一

前回までの体幹の果たす役割についてのお話しで、体幹をなぜ鍛える

必要があるのかは、お解りいただけたのではないかと思います。

そこで、体幹(身体全部に当てはまることです)を鍛えるにあたり、

考えておくべきことについてお話してみたいと思います。

その前に、そもそも“鍛える”ということはどういうことか?ですが、

ここでは、

その「(鍛える)部位の動きをスムーズに、できるだけ広い範囲で、

自分の思う強さで、制御しながら動かすことができるようにする」

と取り敢えず定義しておきます。

そうなると、

まず何をすべきでしょうか?

身体部位を鍛える:その一

動きに関与している関節の可動域を確保/拡大(改善)すること。

〜いくら動かそうという命令を出して(神経の作用)、筋肉を強く収縮

させても、そもそも動く範囲が制限されていては、動いた効果を十分に

発揮することはできません〜

体幹に限ってみても、様々な可動域の練習があります。

いわゆるストレッチというやつです

これは体幹というよりは股関節の屈曲を促すための、太ももの裏の筋肉

(ハムストリングスと言います)のストレッチです。

これも実はただ手を足先に持っていくだけではなく、股関節の曲がりを

意識し、背中を丸めないようにするなどの注意が必要です。

これは逆に体幹(腰椎)の伸展ストレッチです。

可動域が小さい(硬い)状態でいきなり行うのはお勧めできません。

また、

腰部脊柱管狭窄症という診断がある人は、この状態で強い痺れや痛みを

足に感じるかもしれませんので禁忌(絶対にやってはダメ)です。

骨粗鬆症がある人も、これと先ほどのハムストリングスのストレッチは

無理をすると(勢いをつけたり力を入れ過ぎて強制すると)圧迫骨折

(腰椎など)の恐れがあるので、要注意です。

腰椎・胸椎+股関節が共に伸展すると、例えばこういう動き

(ブリッジ)ができるようになります。

身体を横に曲げる(側屈;そっくつ;と言います)動きだと、

こうなります。

ここまで曲がらなくても構いません

このぐらいで楽しくできる範囲でも構わないと思います。

身体の回旋(ひねり)動作は、様々な部位で行われるということを、

以前「振り返る身体」でお話ししました。

主に上部体幹でひねる動きは胸椎で行われます。

股関節だけだと、

両方加わるとこうなりますね。

違いがわかりますか?骨盤の位置に注意すると分かりますよ。

これは?

股関節と上部体幹が共に回旋しているストレッチです。

先ほどの側屈の動きが混ざると、

こんな動き(ストレッチ)も可能ですね。

まずは、

体幹を鍛える第一段階=可動域を保つ/拡げるというお話を

してきました。

今日はこのくらいにしましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。また明日。