• 朝野裕一

ほんの一瞬の積み重ね

このブログでは何度も習慣づけのお話をしてきました。

こう言っている私自身が大変ものぐさなので、自分のことを考え

ながら、書いているのですが・・・

ですから自分と同じような面倒臭いなとか億劫だなとか感じやすい人を

対象に想定して書いてきました。

そうして自分の習慣も変えていこうかなという思惑もあります。

そんな自分が特に感じていることは、思いついた時に瞬間的にでも

やってみる、ということの効用です

やり続けるぞ!と壮大な計画を立てて決心する〜昔やってみてはよく

失敗してきたものです。

懲りずに思い続けることも必要なんですが、それよりも忘れずに頭の

どこかに、隅っこでもいいから姿勢や運動や動きのことを置いておき

その都度思い出して試してみる。

人間不思議なもので、一回やるともうちょっと、となり結局10回、

20回と続けてみたりします。

そんな毎日の積み重ねって結構大事かなと、思っています。

手帳や電子手帳も含め、毎日のスケジュールを見る機会もあるでしょう

なんでもいいのですが、毎日見る日常生活の導線上に、

運動を思い起こさせるアイテムを置いておく、それが手帳だろうと

冷蔵庫に貼り付けるメモやチラシだろうとなんでもいいと思います。

もちろん頭の中に常に入れておくだけでも、いつしかカラダに染み込ん

でいくものです。

座席に座った時、洗面所や台所に立った時、買い物に出かけて歩いて

いる時、さて寝ようかなと横になった時、あぁもう朝かぁ、

また仕事かぁ〜と目覚めた時、

どんな時にもちょっとだけ一瞬だけでもカラダを動かすことを覚えると

結果的にそれが習慣になっているのではないでしょうか?

そんなものぐさな人のための習慣づけのヒント?になればいいなと

思います。

今日もなんとかブログ書いたから、ちょっと骨盤を起こして姿勢を正し

胸椎主体の回旋(カラダを捻る)動作をしてみようかなぁ・・・

今日も読んでいただき、ありがとうございます。また明日。