• 朝野裕一

スクワットがジャンプに相転移した

Podcast番組の「トーキング・エクササイズ」でしつこく究明している

スクワット。

今回は、

スクワットをゆるーく定義して、膝を曲げ伸ばしする運動として、

それ以外の要素を抜いて比較的自由に行った時、動きの速さに応じて

どういったものに変化するのだろう?という試みを行った報告を

したいと思います。

比較的自由とは?

膝を曲げる角度や姿勢の縛りをつけないということで、唯一膝を曲げて

元の真っ直ぐまで戻す(直立位に戻る)だけを規定しました。

様々な速さで行った結果を早速見てみましょう。

まずは、2秒間で完結する速さのスクワットからご覧ください↓

特に何も違和感なく、結構深く膝も曲げて行えていますね。

次にこの倍速、1秒完結パターンがこちらです↓

これもきちんとスクワットの体をなしています。

ではもう少し速くするとどうなるでしょうか?

5/6秒で完結のパターンを見てみましょう↓

こうなると。

少し膝の角度は浅くなり、リズムが一定に保てなくなってきます。

0.5秒で完結(先ほどの1秒完結の倍速ですね)のパターンでは?↓

申せ腕にスクワットの定話してない感じですね。特徴的なのは踵が膝を

伸ばす際に床から離れています。

そのままジャンプしてしまいそうな予感がしますね。

途中は端折って、5/16秒完結のパターンを見てみましょう↓

最早、スクワットの体は全くなさず、ジャンプに近いですね。

実際リズムに合わせようとすると、ジャンプの方がマッチする感じです

ここまで画像が多くて見づらかったかもしれませんが、速度を速めて

いくと、明らかにどこかで動きの質が変化することがわかったのでは

ないかと思います。

動きの相転移が、今回の場合は0.5秒間で一動作完結させる速度から

変化が訪れ、そこから先は明らかにジャンプへと向かっていることが

わかりました。

ヒトの動きも決して直線的な変化ではなく、非線形的に変化することが

確認できました、という試行でした

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。