• 朝野裕一

世界ランク第1位ポイント奪取!

ブログを書こうと思ってテレビを点けると、全豪オープンテニス女子

決勝をやっていて、ついつい最後まで観てしまいました。

大坂なおみ選手おめでとうございます!2度目のメジャー大会制覇。

さらにはこれに勝ったことで世界ランキング第1位に。

日本の選手がテニスで世界ナンバー・ワンはもちろん初めてのこと。

男女合わせても初めての快挙です。

それにしても、テニスを含むスポーツというのはいかにメンタルがモノ

をいう競技か、改めて強く感じました。

観ている方がもうジリジリと、このプレッシャーから早く解放されたい

とさえ思うほどの緊張感の中で、見事に両選手のフィジカルでの素晴ら

しいプレイを見せてくれました。

再び、それにしてもです。

相手のペトラ・クリトバ、3年前に強盗に入られて利き腕の左手を

負傷してからの見事な復帰です。

並大抵の精神力ではここまで復帰できないでしょう。

相手ながら何かグーっと感じさせるものがありました。

大坂選手は、一度勝てる場面になりながら相手に粘られてセットを落と

しました。

その際には、かなり精神的な動揺を隠せない感じでした。

そこで彼女は一度トイレタイムで会場を後にしました。

帰ってきてからの大坂選手は全く別の選手のようにとても冷静に戦って

いました。

マインドチェンジというのでしょうか?切り替えを早くできたことが

この決勝で勝てた要因でしょう。

それくらい、

スポーツ、特に1対1の戦いを行う競技は、もろにメンタル状態の上下

動がプレイに影響を与えるんだな、ということがよく分かります。

メンタルがフィジカルに、フィジカルがメンタルに互いに影響を与えて

いるのが、ヒトの身体運動の特徴ですね。

勝ちたいという欲に対して、どう対処するか?が場面場面で常に問われ

ている、タフという言葉がピッタリです。

程度の違いこそあれ、ある意味のタフさというものが身体を良く動かし

続けるためには必要なんだなということを、この決勝戦を観ていて

ふと感じました。

諦めの良さと諦めの悪さどちらも捨てずに持って、状況に応じて使い分

ける覚悟が必要なのでしょう。

覚悟というととてもハードルが高く聞こえますが、決してそういう意味

ではなく、

ええい!もういいやっ!と簡単に諦める・捨てるのではなく、一方で

淡々と、諦めずに身体を動かし続ける、という心持ちというか心構え

が、身体運動を楽しめる・続けられる・一旦止めても再開できる、

そういうことに繋がるような気がします。

何れにしても、

色々なことを感じさせてくれた両選手に改めて拍手と感謝をしたいと

思います。

そして、

大坂選手おめでとうございます!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。