• 朝野裕一

身体が動く仕組みを知ろう;その1〜関節可動域のこと(2)

身体が硬い!誰しも一度以上は感じたことがあることでしょう。

そもそも身体が硬いと何が良くないのでしょうか?

身体が硬い=各関節の可動域が狭いと考えられますね。

ということは、

関節の動く範囲が制限されているので、何の苦労も無く届くはずの手や

足が届かない、といった現象が起きてきます。

でも手や足が届かないと困る。

そんな場面では、余分な仕事をしなければなりません。

頭の上にある棚から物を取ろうとすることを想定してみましょう。

手が届くためにはもちろん身長差があるので、一概には言えませんが、

普段なら(身体がさほど硬くない時ならば)届く範囲の高さを考えて

みましょう。

手を高く挙げるためには、広い意味での肩関節が十分に可動域を保って

いなければなりません。

もし、

肩関節の可動域制限があるとすれば、手は容易には届かなくなります。

すると、背伸びをして届かせようとするかもしれません。それでも届け

ばいいのですが、もしかしたらバランスを崩すかもしれません。

もっと制限があると、台を置いてそこに乗っかって棚に手を届かせよう

とするでしょう。

これまた転倒の危険大ですね。

ギリギリ届く範囲だとしても、無理に肩を挙げて傷めてしまうことも

あるでしょう。

とにかく何かと不自由です。

別の場面を想定してみます。

太ももの裏側(ハムストリングスという筋肉群)が突っ張って、普段の

姿勢が骨盤が後ろ向きに傾きやすい姿勢だとします。

当然立位体前屈というテストをすると、床に手がつきません。

それでも床の物を拾う時には軽く膝を曲げて行えるので、これはこれで

腰への負担を軽減する上では良いのですが・・・

骨盤が後ろに傾いた、その姿勢で椅子に座って作業をしていると、首の

後ろ側の筋肉が常に引っ張られて、肩こりが生じやすくなります。

案外、ハムストリングスの硬さが肩こりとも関係してくるなんてことも

ありそうな話です。

もう一つ想定してみましょう。

胸椎の捻り(回旋)が制限されているとどうでしょうか?ここで何度も

お話ししている通り、振り返る動作がやりづらくなります。

車をバックさせる時など、座った状態で後ろを振り返る必要があります

そんな時、胸椎部分の回旋が制限されていると、他の部分に頼らざるを

得なくなります。

それが首(頸椎部分)。胸椎が回らない分無理に首を回すことに

よって、首への負担が増します。

首の動きが悪いのかなぁと思っていると、実はそうではなくて胸椎部分

が硬いから起こる現象です。

まだまだ身体が硬いことによる不利益はたくさんあると思います。

硬い=動きが制限される、と考えれば当然のことですよね。

身体が硬いことによる不利益は、同じ作業をするのに他の部位の負担が

増す、あるいは余分な仕事(物理的な意味です)をしなければならない

ということに集約されます。

要は身体が硬いと損だよ、ということですね。

さて次に浮かぶ疑問としては、

ではどうして身体は硬くなってしまうのでしょう?だと思います。

そのことについてはまた明日お話ししたいと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。