• 朝野裕一

柔らかい力、しなやかな力とは?

昨日

可動性(関節の)話をしましたが、今日はその続きのようなお話です。

力という言葉には、力強さ・力を込めて・バカ力など、そもそも強い

というイメージが伴います。

強い力です。

力には強い力と弱い力があります。

強い・弱いは物理的なものです。

しかも相対的なもので、二つの力を比べた時にどちらが強いか弱いか、

または、ある基準の力に対し強いか弱いか、といった数字で大小を表現

することができます。

我々が普通筋力に対して抱くイメージは、この強い弱いという感覚です

AさんとBさんで比べると、Aさんの方がより重いものを持てるとか、

筋力測定機器で測った数値がAさんの方がBさんの値より優っていた

とか、

体重に比べて脚力のパーセンテージが基準値(と言われているもの)

より上回った・下回ったなど。

強いことは良いことだ、という考え方です。

でこれはよく考えると、なにを行うか・どう動くかによって変わって

きます。

強ければ良い、とは必ずしも言い切れません。

そこで、ここでは別の観点をとってみたいと思いました。

強い弱いとは異なる発想です。

それが柔らかい力、あるいはしなやかな力です。

それってどう定義するの?

数値で測れるの?

などの疑問が湧いてきます。

これらを解消するには、

その前にいくつか知っておいていただきたいことがあります。

それは、

●慣性の法則(これは昨日お伝えしました)と摩擦力

●エネルギー保存の法則

●主動作筋と拮抗筋による相反神経支配

●伸張反射による筋収縮

●可動性

となります。

なんだかややこしい?!

かもしれませんが、明日以降一つずつ説明していこうと思いますので、

どうかお付き合いください。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。また明日。